読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遺書

三日坊主なんで多分すぐやめます。

モブサイコ1万

自分は超能力を題材にしたアニメや映画を好きになる傾向があるらしい。

これまでもAKIRA、クロニクル、DTBX-MEN、LUCY、ジャンパー等の超能力にスポットを当てた作品は大体好きになってきたはずである。(monsterzという例外もあるが)

 

話を変えるが、皆さんは「モブサイコ100」という作品をご存知だろうか。

ワンパンマンの生みの親であるONEが作者の漫画である。

ご存知でない方は現在アニメが放送されているのでそちらを是非観てほしい。

というか漫画はいいから、アニメを観てほしい。

遅くなったが今回のブログはモブサイコ100」のアニメが本当に面白いので皆見ようよという内容の記事である。

 

漫画が出始めた当初、自分はモブサイコ100ワンパンマンが成功したからおまけで描いている漫画だという偏見があった。その為に何となくいけ好かないというか、ワンパンマンで良くない?みたいなよくわからない嫉妬の様な感情を持っていた。

正直アニメが放送され始めた時はまだ原作を未読だったので、一応惰性で録画しておいたのを記憶している。

1話を見終わった時ですら、連続録画予約をやめるかやめまいかの葛藤があった様な気がしないでもない。

 

なんやかんやで惰性で見続けてしまった5話目、突如空気が変わり始めた。

4話目までは「冴えない主人公が超能力で敵を倒す。」という簡潔な文章で纏められる展開を繰り返すのだが、5話目から主人公を取り巻く環境が一変し始めて急に面白くなる。

5話目を見終わった時は「あぁ、今回の話は面白かったな」というまぐれ当たりを食らった気分で満足していたが、6話目を見た時はそれが決してまぐれ当たりなどでは無く、これから始まる面白い展開への序章だったと気付いた。

 

超能力系の作品では、超能力が暴走してしまう、それをなんとか解決、めでたしめでたしというオチのつけ方が基本だが、モブサイコ100ではそこに個々人の癖のある人間関係が絡まって、これまでに見たことが無い超能力作品に仕上がっていると思う。

 

ネタバレを極度に嫌う人間なのでここで話について書く気は無いが、もし少しでも興味を持ったのなら是非5話まで我慢して見ていただきたい。

そこから先は自発的に見ざるを終えない身体になってしまっているはずだから

 

http://youtu.be/F8g3TuKsQHs

 f:id:dendenpassyon:20160906232333j:image